2011年04月30日

どれじゃ〜5回目は秘かな噂の…

アリャーるんるん アリーるんるん
甲山ですキスマーク

どれじゃーも、
地味にゴールデンウィークに突入猫ぴかぴか(新しい)
DSCF3794 (2).jpg
今回は、
ゴールデンウィークに
琴平で足てくてく歩いて楽しめる見所、
イベントをご案内っす

まずは、
五月五日に金刀比羅宮の表書院のお庭で行われる
サッカー蹴鞠(けまり)

今や、京都と琴平でしか見ることができない
とっても
ぴかぴか(新しい)優雅で貴重なぴかぴか(新しい)
神事なんですってわーい(嬉しい顔)

そして、今秘かなウワサとなっているexclamation&question

って聞いた
黒ハートさわると良縁に恵まれる揺れるハート
という物がある
ぴかぴか(新しい)パワースポットぴかぴか(新しい)を紹介

この近くです
DSCF3797 (2).jpg

近くにこれもあります
DSCF3796 (2).jpg
お心遣いはありがたいのですが…



ひらめき他にも
前の日のちびりんのブログにアップしている
クサナギエンセキのギャラリーも紹介するよグッド(上向き矢印)

オンエアは音楽
今日お昼12時からね手(パー)るんるん






posted by こんぴら観光案内所 at 09:02| Comment(0) | ウラ★どれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

5月5日までです!〜今も愛される郷土の偉人『日柳燕石(くさなぎえんせき)展〜








「幕末の偉人」といえば、

どなたを思い浮かべますかexclamation&question





土佐の坂本龍馬exclamation&question






長州の高杉晋作exclamation&question






薩摩の西郷隆盛exclamation&question











こんぴらっ子に聞くと、

また違った答えが返ってくるかもしれません耳exclamation×2










なぜなら、

我らが琴平にも

幕末を支えた偉人がいるからですexclamation×2exclamation×2







IMG_0859.JPG



今日は「アクト ことひら」で行われている、

『日柳燕石(くさなぎえんせき)展』に

行ってきましたくつダッシュ(走り出すさま)











日柳燕石は琴平町榎井地区で生まれ、

幼い頃から勉学に励み、詩吟の才能にたけ、

吉田松陰など幕末の学者たちと交流があったそうですひらめき





その縁から、

幕末の志士たちを、

『呑象楼(どんぞうろう)』という家で

かくまったと言われていますexclamation×2





今後ラジオのほうでも特集しますので、

そちらもお楽しみに耳るんるん









こちらの展示会は

主に2つのブースで構成されていますー(長音記号2)


IMG_0854.JPG


燕石にまつわる書物が読めるスペースが中央にあり、

それを取り囲むように

燕石にまつわる掛け軸などの骨董品が展示されていますグッド(上向き矢印)





骨董品や書物は、

3点は「呑象楼」から、

あとの品は榎井地区の各家に伝わる品を

持ち寄って展示しているそうですひらめき






そして、

今回の骨董品の目玉はこちら目どんっ(衝撃)


IMG_0857.JPG



燕石直筆の屏風ですexclamation×2








こちらの屏風は、

紫式部などの歴史上の偉人6人について、

燕石が書いたものですパンチ


IMG_0858.JPG


現代訳も展示してあるので

ぜひそちらも一緒にご覧ください目ぴかぴか(新しい)










そしてそして、

こちらに来たらぜひ読んでいただきたい、

アクト ことひら館長さんの

オススメ書物がこちら左斜め下


IMG_0855.JPG


なにやら他の書物とは違う、

手作り感あふれる表紙に惹かれますexclamation×2




こちらは、

約20年前の

榎井小学校1年生のとある児童が、

夏休みの自由研究でまとめたものなんです。





何がスゴイかと言いますと、

こちらの自由研究、


IMG_0856.JPG


なんとどんっ(衝撃)

1年生から6年生まで、

6年間毎年

彼によって続けられたのですexclamation×2




字や表紙の変化から、

彼の成長まで垣間見えるから

それもまたオモシロイハートたち(複数ハート)




そしてなんと言っても分かりやすいexclamation×2

燕石入門にピッタリの一冊になっていますぴかぴか(新しい)ダッシュ(走り出すさま)






これはまさに、

骨董品と同じく、

『ことひらの宝』exclamation×2






郷土の偉人の軌跡と、町民たちの郷土愛が詰まった

『日柳燕石展』、

5月5日までですので

お早めにお越しくださいくつダッシュ(走り出すさま)




【営業時間】時計

9:30〜17:30


【場所】

アクト ことひら



JR琴平駅を出て左へ直進すると、

右手に見える「商店街のアーケードの入口」手前です位置情報




posted by こんぴら観光案内所 at 22:33| Comment(0) | → 琴平町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

食べ歩き!讃岐うどん琴平町〜讃岐うどんの革命児!?『小川うどん』〜



今日は

こんぴらを代表するうどん屋さんのひとつ、

讃岐うどんの「革命児ぴかぴか(新しい)」、

『小川うどん』さんにおじゃましていますかわいい


IMG_0819.JPG




どこが「革命」かと言いますと・・・





店内のメニューでは

どうしても目にとびこんでくる言葉が・・・


IMG_0820.JPG



そうexclamation

細切りexclamation×2




こちらのお店の特徴は、

麺の太さが選べるところにあるのですひらめき





出汁の熱さを選べるのは

どのお店でもよく聞きますが、

麺の太さが選べるとは・・・・




そしてもちろんオススメの太さは

『細切り』exclamationexclamationexclamation





果たして『細切り』とは

いかにexclamation&question


IMG_0818.JPG


もはや
おなじみ?わーい(嬉しい顔)

この方と一緒に待つこと!10時計



注文後に湯がいてくれるのも特徴です手(チョキ)










「はい!お待ちどうさまグッド(上向き矢印)










ジャーーーーンexclamation×2exclamation×2


IMG_0821.JPG


ほ、細いexclamation

この細さは想像以上目exclamation×2



けっして

その名を裏切らない細さパンチ


IMG_0822.JPG


割り箸の先と同じくらいひらめき





「まるでソーメンみたいに食べれるでわーい(嬉しい顔)

と、ご主人exclamation




いやいや

たしかに細いですけど、

「ソーメン」は言いすぎでしょ〜〜










ほ、ホントだどんっ(衝撃)exclamation

まるでソーメンのようにスルスル食べれるー(長音記号2)

そして

とってもなめらかな口当たりぴかぴか(新しい)


IMG_0823.JPG


あっという間に完食しましたひらめき








果たして

なぜこのようなうどんになったのか、

気になりますよねexclamation&question



奥さんに聞いてみました耳ダッシュ(走り出すさま)



「まだ初代がお店をしてたとき、
 初めて『讃岐うどん』がテレビで紹介されて、
 ちょっとした「讃岐うどんブーム」がきたんよ。
 たくさんお客さんが来るもんやから、
 
 なかには見よう見真似で、
 中まで煮えてないような太いうどんを
 「讃岐うどんです」って出すところも
 出てきたりして、、、

 それで初代が
  
  これが讃岐うどんと思われたら困る!
  
  うちは口当たりが良くて、食べやすいうどんを追求しよう!
 
 いうことで、
 
 いつのまにかどんどん細くなったんよねわーい(嬉しい顔)



なるほど・・・

うどんブームにあぐらをかかない

初代のような方がいたからこそ、

未だに多くの人々から愛される

「讃岐うどん」があるのかもしれませんぴかぴか(新しい)





他の讃岐うどんとは

違った進化を遂げてきた

『小川うどん』exclamation×2




しかしその根底にある

「讃岐うどんを愛する気持ち」は、

今もなおたくさんのうどん屋さんに

受け継がれている「気持ち」と

同じだと思いますひらめき






さてさて、

そんな讃岐うどんを愛する気持ちは

食べる側もまた同じexclamation×2



自宅でも再現したいけど、

なかなか難しいなぁ〜〜〜と

お嘆きの方に朗報ですひらめき


こちらの細切りは

他のものより湯で時間が少なく、

おうちでも比較的再現しやすいと

お土産にも人気なんですハートたち(複数ハート)


IMG_0824.JPG


ぜひこの感動をご自宅でもパンチ







では『小川うどん』の詳細ですぴかぴか(新しい)


IMG_0825.JPG




【営業時間】

9:00〜17:00時計

【定休日】

毎週水曜日
(祝日は営業していますかわいい

【駐車場】

お店の近くに専用駐車場が6台分のみあります車(セダン)
または町営駐車場も近くにあります駐車場








posted by こんぴら観光案内所 at 21:55| Comment(0) | →うどん(琴平町エリア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする