2011年04月22日

全店制覇!内町Eてんてこ舞〜江戸から受け継がれしモノと現代の知恵〜






今日は全店制覇!内町6店目、

『てんてこ舞』さんをご紹介モータースポーツ






こちらのイチオシは、

コチラ左斜め下


IMG_0644.JPG


肉うどんですexclamation×2


なんといっても

お肉がやわらかいexclamation×2exclamation×2exclamation×2



お肉は国産しか使わない!」という

こだわりだからなせる技ぴかぴか(新しい)



そして「かけ」に入っても負けない、

しっかりした味付けも

また魅力ハートたち(複数ハート)



おむすびにも

バッチリ合います手(チョキ)







そして私がオススメしたい食べ方が

こちら左斜め下


IMG_0645.JPG


肉うどん温たまのせですexclamation×2exclamation×2exclamation×2



画像を見てるだけで

また食べたくなってしまうー(長音記号1)もうやだ〜(悲しい顔)ハートたち(複数ハート)









そしてそして

こちらのお店の魅力は

内装にもあるんですexclamation×2




実はこちらのお店、

改装前は

江戸時代の旅館どんっ(衝撃)exclamation





普段は団体客しか利用できない

2階におじゃますると、

それがよく分かりますひらめき


IMG_0646.JPG


古き良き木造建築の雰囲気が

楽しめますぴかぴか(新しい)






そして

それに現代のアイディアが

融合しているのですが、

どの部分かお分かりでしょうか・・・・・・exclamation&question





























ジャーーーーーンexclamation×2


IMG_0647.JPG


なんと、

照明がアンティークのお膳なんです目exclamation×2


このアイディアには脱帽ですふらふらぴかぴか(新しい)






そしてそして、

こんなところにも

アイディアが・・・・


IMG_0648.JPG(画像)


一見、

何の変哲もない下駄箱なのですが・・・・










なんとexclamation

IMG_0649.JPG


ひとつひとつに

方言がexclamation×2




運よく利用できた方は、
ぜひぜひ
自分の好きな方言に
靴を入れてくださいねひらめき








普段見る機会が少ない2階を見ていただいたのですが、

もちろん1階にも工夫が・・・・・・


IMG_0652.JPG

















ジャーーーーーンexclamation×2


IMG_0651.JPG


お膳再来ぴかぴか(新しい)

しかも1階は2段exclamation×2

1階なのに笑)









うどんはもちろん、

内装にもこだわったうどん屋、

『てんてこ舞』かわいい






「古き良きもの」ぴかぴか(新しい)

「新しい知恵」ひらめき




うどんを食べながら

その両方を探してみてはexclamation&question






ぴかぴか(新しい)【てんてこ舞の夢】ぴかぴか(新しい)

観光客の方だけでなく、

地域の方にも親しまれるお店になりたいexclamation×2


観光地に住む人を

元気にすることで、

観光客の方に

より楽しめる地域でありたいexclamation×2



外からくる人も、

地域にいる人も、

ともに大切にしたいexclamation×2



お母さんたちが

愛情込めて煮込むお肉には

そんな願いが込められていました黒ハート





ではでは

今日のお店のおさらいです手(チョキ)


点滅信号、
こんぴらさんに向かって左側左斜め下4店目かわいい

「古き良きもの」と「新しい知恵」の共存、

『てんてこ舞』さんをご紹介しましたわーい(嬉しい顔)モータースポーツ



点滅信号の詳細はこちら信号





posted by こんぴら観光案内所 at 18:00| Comment(0) | ●お買物(参道のお土産店) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お寺に行ってみよう!弘法大師生誕の地!!

ことわざ《弘法も筆の誤り》でもおなじみの
弘法大師の生誕の地として、
たくさんの人が訪れる
総本山 善通寺

ここは、四国八十八箇所霊場の
第七十五番札所として
いつも多くのお遍路さんで
にぎわっていますexclamation

今日は、善通寺の魅力を紹介しちゃいます手(パー)



善通寺は、善通寺伽藍(東院)・善通寺誕生院(西院)と
大きく2つに分かれているんです。

まずは、本堂がある東院から紹介しますねexclamation

東院の入口は3つ
南大門  赤門  中門

これは赤門
朱色が鮮やかで目立ちますぴかぴか(新しい)

110420_01.jpg


そして、東院の壁にそって、ぐるりと並んでいる
五百羅漢

110420_02.jpg

どれもこれも同じ顔がなくて、
見て回るだけでも十分楽しめますよ目



そして、東院のセンターに位置するのが・・・
本堂となる「金堂」

110420_03.jpg

ここには
元禄13年(1700年)に御室大仏師法橋運長によって作られた
薬師如来があります。
4.8mもある座像は
近くで見ると本当に迫力がありますパンチ
その座像を囲むように
108体の像もならんでいて、
それぞれいろんな格好や顔をしているので、
どれが自分に似ているか探すのもひとつの楽しみ方ですよ目

撮影禁止ということで、
画像で紹介できないのが
残念バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

ぜひ、自分の目で見てきてください手(グー)

110420_07.jpg

観光客の人たちも次から次へ
拝観してましたよかわいい



そして、本堂と向かい合っているのが、
香川県に現存する中でも
最古の五重塔exclamation×2

110420_04.jpg

総高45.5mにも及ぶ総欅(けやき)造りのこの塔には
五智如来が安置されています。

創建以来、災害などで、何回も倒壊・焼失がありましたが、
そのたびに再建されています。
現在の塔は弘化2年(1845年)に再建が始められて、
明治35年(1902年)に完成したものです
しばらく見ていても飽きないexclamation×2



五重塔の前には、大きい楠がexclamation×2
この楠は、弘法大師が生まれた時から繁茂していたんだってたらーっ(汗)
・・・ということは、樹齢千数百年exclamation&question

樹高30m
東西に24m
南北に29m

110420_05.jpg

デカい右斜め上右斜め上

いろんな時代を見てきたこの楠の近くにいると
なんか心が安らぐんですよねぇかわいい


ちなみに、善通寺に来た記念に
この楠をバックに
お遍路姿でハイポーズ!カメラ
・・・っていうのもいいかもひらめき

110420_06.jpg



そして、私もビックリ!
あまり歴史が得意ではない私でも知ってた
足利尊氏の名前が・・・目

110420_08.jpg

この塔は
足利尊氏利生塔といって、
南北朝の戦乱による犠牲者の霊を弔い、
国家安泰を祈るために建てられたものだそう。


そして、その近くには、法然上人の名前も・・・
法然上人逆修之塔

110420_09.jpg

こちらは、法然上人が善通寺に来たときに
参拝者の後世の往生を祈って建てられたと
いわれています。


歴史上の有名な人も訪れたこの善通寺
一度は行ってみる価値はありますよダッシュ(走り出すさま)



次回、善通寺の西院を紹介します。
西院では、弘法大師に会えちゃうんですがく〜(落胆した顔)
お楽しみにグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


〔総本山 善通寺 DATA〕
善通寺市善通寺町3-3-1
本堂開扉/7:00~17:00
境内への入場は無料
 ※一部施設は有料
posted by こんぴら観光案内所 at 10:52| Comment(0) | → 琴平町周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする