2011年09月27日

ついに発見!!!こんぴらの民話☆彡



だぁるまさんが、、、

転ばずに夢枕でアドバイスしてく〜れた(長い?笑)


IMG_3366.JPG

どうも、ちびりんです手(チョキ)(笑)


琴平町のラジオが始まって早半年目exclamation×2
ついに取材中にこんぴらの民話を発見ひらめきどんっ(衝撃)

その名も、
「こんぴらさんのだるま」かわいい


♪ぼぉや〜〜〜良い子だ寝んねしな〜


むかしむかしあるところに、
こんぴらさんの門前町に一人の宮大工がおったそうなわーい(嬉しい顔)

ある日、この棟梁にお社を作ってくれという注文がexclamation×2
棟梁は願ってもない大仕事二つ返事で引き受けましたグッド(上向き矢印)

だがしかし、聞けば聞くほど、その規模の大きさに驚くばかりがく〜(落胆した顔)
「こりゃどえらい約束をしちまったもうやだ〜(悲しい顔)
毎晩毎晩、考え込んでおりましたふらふら

考え疲れてウトウトしていると、
それはキレイな声で、
「これこれ棟梁、そんなに悩まずに今すぐ松の木でだるまを彫りなさい」
と、聞こえてきたではありませんか耳どんっ(衝撃)

棟梁はすぐに彫っって、
そのだるまを見つめていると・・・・
出てくる出てくるexclamation×2お社の設計アイディアぴかぴか(新しい)
無事、お社を完成さすことができましたかわいい

そうして棟梁は、
彫っただるまのおかげに違いないと、
困っている人にだるまを彫ってあげるようになりましたハートたち(複数ハート)

これが今でも名物の
「こんぴらさんのだるま」と言われているそうな〜〜わーい(嬉しい顔)

IMG_3365.JPG

めでたしめでたしかわいい



素直にアドバイスを聞ける棟梁は、
おそらく人間的に素晴らしい人とみたるんるん(笑)
ちなみに、そのお社が『旭社』と言われていますひらめき


『こんぴらさんのだるま』
どのように現在に受け継がれているか
近日中にアップ予定グッド(上向き矢印)

お楽しみにー(長音記号1)わーい(嬉しい顔)るんるん



posted by ことひらどれじゃー at 23:00| Comment(2) | → 琴平町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しい放送有り難うございました。また、こんぴらの民話を再発見してくれて、うれしいで〜す!
Posted by 山中象堂 at 2011年10月07日 17:28
こちらこそ、ありがとうございます!
讃岐一刀彫『ダルマ』は琴平のお宝ですねっ
これからもディープなこんぴらを探していきます。
Posted by 甲山 at 2011年10月08日 14:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。