2012年01月16日

教えて!こんぴらさん<6>
「石段の数の秘密」



金刀比羅宮はご本宮にたどり着く前に
長い長い石段を登っていきますよねexclamation×2
その石段の数は785段って言われてるんだけど、
実は1段だけ降りる石段があるの知ってた?
本当は、786段だったってこと?
一体どういうことなのか、
金刀比羅宮の佐々木さんに伺ってみましたわーい(嬉しい顔)

icon01.jpg
Q.金刀比羅宮の石段は本当は
  786段だったって本当?

<佐々木さん>
そうです。
作られた当時、特別意味はなく、
作ってみたら786段だったというのが
実際のところです。
その数を語呂合わせすると
786(なやむ)段ですよね。
金刀比羅宮へ参拝に来て、
登っていただいている意味として
あまりよくないのではないかということで、
石段を1段下げて、785段としました。
悩みを落とすという意味もあるんです。


icon01.jpg
Q.狙って786段ってことでは
  ないということですね。

<佐々木さん>
そうですね。
もし、狙って作るのでしたら、
もっと縁起がいい数にしますよね。


icon01.jpg
Q.1段下がる石段がある場所は
  どのあたりになりますか?

<佐々木さん>
賢木門(さかきもん)を越えて、
遙拝所(ようはいじょ)をさらに進んでいくと、
本宮手水舎があります。
その少し手前に
一段下がっている段があります。

06_01.jpg


icon01.jpg
Q.闇峠の少しヒンヤリした中で、
  1段下がってるんですよね。
  ちょっと坂になっているので、
  気づかないうちにあるって感じですが、
  やっぱりあの1段っていうのは
  見逃せませんよね。

<佐々木さん>
そうですね。
意外と皆さん疲れて
気づかれない方もいらっしゃいますよね。

06_02.jpg


icon01.jpg
Q.では、金毘羅さんの参道は、
  いつ頃からこのような形になったんですか?

<佐々木さん>
だいたい、江戸時代の中期から後期にかけてで、
金毘羅参りが盛んになった時期ですね。
それまでは、今あるような
下向きの道はなかったんですが、
ご本宮に背を向けてはいけないということで、
今のような形になったといわれております。



偶然できた786段exclamation×2
でも、1段下げることで、
悩みを落とすっていう
新たなご利益が生まれたんですねわーい(嬉しい顔)
この石段は、650段目を過ぎた
昼も暗い暗闇峠の辺り。
この辺りになると、
「疲れで周りを見る余裕なんてない!」
という方が多いようですが、
ここで足元に注意して
一段下がった石段を見つけてくださいねひらめき
そして悩みを落として、
ご本宮に向かいましょうるんるん



posted by こんぴら観光案内所 at 22:38| Comment(2) | ●教えて!こんぴらさん(金刀比羅宮あれこれ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして^^
万友美ちゃん可愛いですね^^髪結びたいですw
GO!GO!ガイナーズの放送は、もうやらんのですか?
Posted by ☆☆ at 2012年01月17日 19:02
ありがとうございま〜ッス!

はぅわッ!
GO!GO!ガイナーズ!
懐かしい!
あの番組ではホントに
貴重な経験をさせていただきました。

やらんのかな〜。


Posted by 万友美ちゃん at 2012年01月22日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。