2012年03月15日

こんぴら歌舞伎の絵看板を見に行こう!
〜歌舞伎十八番の内「暫」〜



どうも、モコです手(パー)

さて、今回紹介する
こんぴら歌舞伎の絵看板は・・・
『歌舞伎十八番の内「暫」ですひらめき

120315_01.jpg

これは、平成20年の第24回公演で
上演した作品の絵看板ですよexclamation×2

この看板は
こんぴら温泉 湯元八千代に飾ってあります目

以前も紹介しましたが
これも「十八番」の一つexclamation

歌舞伎用語としてある
「十八番」のおさらいするよかわいい

十八番っていうのは
天保の時代に
七代目市川團十郎(当時五代目市川海老蔵)が
市川宗家のお家芸として選んだ
18番の歌舞伎演目
どれも初代團十郎・二代目團十郎・四代目團十郎が
特に得意とした荒事が基本っていう話手(パー)

第24回に市川海老蔵が座頭として
金丸座で披露した「暫」は
本当に素晴らしかったですよわーい(嬉しい顔)

この作品は、江戸歌舞伎と
荒事の醍醐味を存分に味わえるんです手(パー)
そんな作品が金丸座っていう
江戸時代からの舞台で演じられるっていうのは
タイムスリップしたみたいな感じでしたぴかぴか(新しい)

お話は・・・
鎌倉にある鶴岡八幡宮へ
お参りにきた加茂義綱と桂の前。
大悪人・清原武衡のために
2人の命が奪われそうになるのですがく〜(落胆した顔)
あぁ・・・もうダメかも・・・ふらふら
という時「しばらくexclamation×2」という声がパンチ
鎌倉権五郎がやってきて
加茂義綱の危機を救うのですあせあせ(飛び散る汗)
そして、武衡の悪事を暴いた権五郎は
意気揚々と引き上げていくのですぴかぴか(新しい)


この「しばらく〜〜〜exclamation×2っていう台詞が聞こえて
花道を市川海老蔵が歩いて出てくると
観客全員から拍手がわーい(嬉しい顔)
勢いがあって、艶やかで、大胆exclamation
そしてお家芸ということもあり
誇りを持った熱演に
少し心熱くなったことを思い出しましたるんるん

また、金丸座で見たいなぁ〜〜〜ぴかぴか(新しい)



そして、現在、
「第28回四国こんぴら歌舞伎大芝居」
チケットを好評発売中exclamation×2

まだ手に入れていない方exclamation
ぜひ金丸座という古の空間で
歌舞伎をお楽しみくださいるんるん

現在、チケットプレゼントも
やってますよ手(チョキ)
詳しくはこちら・・・
http://kotohiradore.seesaa.net/category/12908986-1.html


posted by こんぴら観光案内所 at 23:53| Comment(0) | → 琴平町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。