2012年03月20日

琴平町をぶらり歩いて文学碑を探そう!
小林一茶




どうも、モコです手(パー)

春がそこまで来ましたねぇかわいい
暖かくなってきましたるんるん
春を楽しみながら
琴平町の文学を楽しむってのも
一つの楽しみ方かなぁ・・・わーい(嬉しい顔)
って思って
琴平町に来た超有名人の
句碑を探しながら
歩いてみたよexclamation×2

まずは・・・
「古池や蛙飛びこむ水の音」
で御馴染み
俳人・小林一茶

一茶は長野県生まれで
14歳の時に江戸に奉公に出るんだけど
そこで、俳句を学んだんだってexclamation×2
29歳になって、故郷に帰ってから
36歳まで俳句の修行で
近畿・四国・九州を歴遊したそうひらめき

その時に香川県へも立ち寄った
っていう話手(パー)

まず、1792年に
観音寺市にある専念寺でしばらく滞在exclamation
そのまま愛媛県に行ったそうダッシュ(走り出すさま)
だけど、それから2年後の1794年に
再び香川県へ・・・exclamation×2
この時に琴平町や高松市、
小豆島まで足を運んだっていうから
結構長い間、いたみたいだねわーい(嬉しい顔)

そんなに香川県が
お気に入りの場所になったってことかなるんるん

で、琴平町に来たときに
金刀比羅宮へ参拝したみたいなんだけど
その時の様子を詠んだ俳句が
コレだ左斜め下

120320_02.jpg

「御ひらひら 蝶も金毘羅 詣りかな」

こんぴらさん参拝の道中で
一匹の蝶が一茶の後を追ってくる様子を
うたったものひらめき

春だなぁ・・・かわいい
って感じる一句ですよねぴかぴか(新しい)

この句碑は
表参道から宝物館に入る角にありますよexclamation×2

120320_01.jpg

石段を登っている時
蝶が飛んでいたら
この句を思い出そうね手(チョキ)





posted by こんぴら観光案内所 at 22:30| Comment(0) | → 琴平町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。