2011年08月31日

琴平出発の隠れ家うどん屋めぐりA
三嶋製麺所



どうも、モコです手(パー)

甲山さんとの
うどんタクシーの旅
“琴平出発の隠れ家うどん屋めぐり”

2軒目へレッツゴーダッシュ(走り出すさま)

次は、運転手・糸田川さんのおすすめ
超・超 穴場スポット
パンチ

さっきの山内うどんも分かりにくい場所にあったけど
まだ、看板もある手(パー)
メニューもある手(パー)

しか〜し
この穴場スポット
看板なし!
暖簾なし!
メニューなし!

これこそ分かりにくいを通り越して
バレたくないんじゃない
と思ってしまうほど・・・たらーっ(汗)

うどんタクシーは
土器川沿いを山へと進んでいき
琴南中学校が見えたらすぐの
たばこ屋の角を左へ入るのです
そして、細道を道なりに進むと
そこに2台の赤い自動販売機が・・・目

110831_01.jpg

そこが噂の
三嶋製麺所なのです
(これだけ細かく説明しないとたどり着けないたらーっ(汗)

110831_02.jpg

この店、映画「UDON」
一番最初に出てくるお店なのです手(チョキ)
道に迷ったユースケさんと小西さんがたどり着いた店exclamation
そう、おばあちゃんが一人でうどんを作ってるシーンひらめき
覚えてるかな?

糸田川さんも映画で見るまで
知らなかったという
本当に超レアなうどん屋なのです手(チョキ)

製麺所に入ると
左側が作業場、右側がテーブル席
あ・・・
映画のおばちゃんがそこにexclamation×2

110831_03.jpg

本当に映画のシーンに入ったみたいな空間でしたるんるん

そして言われてた通り
確かにメニューがないあせあせ(飛び散る汗)
それなのに・・・
「何にしますか?」
「・・・」
キョトンとしてしまう私達かわいい

店の人「何玉ですか?」
私達「1玉で」
店の人「あついのですか?つめたいのですか?」
私達「あついので・・・」

ヒャ〜〜〜〜がく〜(落胆した顔)
うどん屋には慣れてるはずなのに
なんじゃい、この緊張感exclamation×2

ソワソワしてしまっている私達の前に
どんぶりに入ったうどんが・・・手(パー)

さっき運転手の糸田川さんから聞いたように
薬味を入れるexclamation
そして、しょうゆをかけるのですexclamation×2

110831_04.jpg

甲山さんはカウンターにおいてあった
生卵を割って
釜玉に挑戦しましたよ手(グー)
(うどん1玉120円/生卵30円)

110831_05.jpg

私達は店内じゃなくて
あえて、外のテーブルで食べましたわーい(嬉しい顔)
山と田んぼしかない景色を見ながら
味わううどんexclamation
マジうまい〜〜〜exclamation×2exclamation×2

甲山さんの釜玉、食べさせてもらいました手(チョキ)
出来立てのうどんだからか
ものすごく美味しくて
甲山さんは結構お気に入りになったみたいわーい(嬉しい顔)

店の雰囲気が美味しさを際立たせているかもひらめき
うどんタクシーで行くのにピッタリの
穴場のお店でした手(チョキ)


〔三嶋製麺所〕
仲多度郡まんのう町川東276
10:00〜17:00
(定休日/金曜日)
TEL/0877-84-2266

posted by こんぴら観光案内所 at 23:00| Comment(2) | →うどん(琴平町周辺) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

琴平出発の隠れ家うどん屋めぐり@
山内うどん



さ〜て、モコです手(パー)

うどんタクシーに乗って
琴平出発の隠れ家うどん屋めぐり
スタート手(グー)

まずは
甲山さんがどうしてもたどり着けないあせあせ(飛び散る汗)っていう
山内うどんへレッツゴーダッシュ(走り出すさま)

タクシーの中で
周辺の地域情報から
うどん屋さんのうんちくまで
いろんな話をしてくれるから
気づいたらうどん屋に到着って感じexclamation×2
自分で調べなくていいから
本当にラクでしたよるんるん

32号線を財田町に入ってすぐを満濃池方面へ
そしたら、道沿いに手書きの看板があります
そこから細い山道をクネクネ進むと
あるんですねぇ目
が・・・
確かに分かりづらいたらーっ(汗)

甲山さん念願のうどん屋に到着です手(チョキ)

110830_01.jpg

まだお昼前だというのに
結構車が停まってましたよexclamation×2

この山内うどん
惜しまれつつ閉店した
琴平町の有名店・宮武うどんの親戚
いわゆる宮武ファミリーのひとつexclamation×2

ここのうどんは
で湯を沸かしているんです目
店の外には薪が積み上げられてますexclamation×2

110830_07.jpg

プロパンガスより火力が強いので
おいしいうどんができるとか耳
(うどんタクシー・糸田川さん情報)

店内はこんな感じ目目

110830_02.jpg

写真右側にご注目目
初心者感全開で店内が見渡せる場所に座り
キョロキョロしている甲山さんをご覧くださいわーい(嬉しい顔)

まずは、注文手(パー)
看板に書かれている・・・

110830_03.jpg

「ひやひや」
「ひやあつ」
「あつあつ」

暗号かい?
この暗号のこたえは・・・
前半部分が「麺」
後半部分が「ダシ」
それぞれの熱さなのです


糸田川さんのオススメは「ひやあつ」

ということで
「ひやあつ」(小200円)を注文しました手(チョキ)
ちなみに(大300円、特大400円)だよひらめき

110830_05.jpg

・・・って写真じゃ分からないよねぇバッド(下向き矢印)
麺は「ひや」なのでしっかりしたコシがあり
ダシは「あつ」なのでまろやかな味わい
さすがうどんマスターおすすめの一品でしたわーい(嬉しい顔)

サイドメニューも豊富ぴかぴか(新しい)

110830_04.jpg

どれも美味しそう・・・黒ハート

だけど、やはり次のうどん屋のことも考え
甲山さんと泣く泣く
うどん一杯だけペロッと食べて
終了〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)

あ〜〜〜
美味しかったわーい(嬉しい顔)

もちろん、甲山さんも大満足の様子でしたよ手(チョキ)


〔山内うどん〕
仲多度郡まんのう町大口1010
9:00〜17:00
(定休日/木曜日)
TEL/0877-77-2916
システム/セルフ
posted by こんぴら観光案内所 at 22:00| Comment(0) | →うどん(琴平町周辺) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

やっぱり釜あげが一番!
長田うどん


庭で育てている朝顔の双葉が
少し元気がなくてたらーっ(汗)
一生懸命水遣りをしているモコですふらふら
大きく育ってくれるといいな手(チョキ)


さて、最近
変り種の多くなった讃岐うどんexclamation
でも、釜あげうどんが一番美味しいと思ってますexclamation×2

釜あげうどんって
釜でゆでる時間によって
硬さが変わるから
お店によって違うのも特徴のひとつひらめき

そんな釜あげうどんが自慢のお店といえば
「長田うどん」

110606_05.jpg

まんのう町のうどん激戦区といわれる吉野交差点車(セダン)
この場所で釜あげだけで勝負しているお店なんですexclamation

このお店の特徴は
うどんをレジで注文すると
木の番号札をもらって席に着いて待つあせあせ(飛び散る汗)

110606_02.jpg

もちろん注文したのは
釜あげ・小(250円)exclamation

ま、その間にサイドメニューを食べるなどするのもいいかも手(グー)

そしたら、おもむろに店員さんが
付け出しの入った徳利を持ってきてくれますひらめき

110606_03.jpg

釜あげうどんが出来上がると
うどんとお猪口をさっと持ってきてくれるので
徳利からだしをお猪口に注いで食べるのでするんるん

110606_04.jpg

ここでよく見かけるのは
観光客のお客さんが
徳利を持ち上げて入れようとして
やけどしそうになる風景たらーっ(汗)
上手に入れるためには
底をつけたまま倒すとこぼれずに入りますよグッド(上向き矢印)

さてお味の方は・・・
さすがに釜あげで勝負しているお店だけあって
ほんとに美味しいわーい(嬉しい顔)
少し柔らかめの麺で
だしはイリコやカツオの香りがしっかりしていて
あっという間に食べられるんですキスマーク

うどんの食べ歩きをしたいならを食べるのがオススメ
ここでお腹いっぱいになろうと思ったら(350円)
友達いっぱいで一緒に食べるならたらいたらい小(6玉/1,000円)
などなど種類も豊富なので
いろいろ注文してみるのも面白いかもわーい(嬉しい顔)

こんぴらさんに参拝するお客さんもよく来るとかひらめき
琴平町へ行く途中に寄り道して食べてみるのもいいかも車(セダン)


〔長田うどん〕
仲多度郡まんのう町吉野1290-1
10:00〜17:30
(定休日/木曜日)
TEL/0877-79-2171
posted by こんぴら観光案内所 at 20:30| Comment(0) | →うどん(琴平町周辺) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする