2015年01月08日

1月10日は特別なご利益を授かる【初こんぴら】!【開運】のお接待もありっ♪


1月10日は金刀比羅宮のお正月最大のお祭りぴかぴか(新しい)

【初こんぴら】です。

DSC02142.jpg


金刀比羅宮の大神様とのご縁が深くなる
「ご縁日」なので

この日にお参りすると…
ぴかぴか(新しい)特別なご加護があるっぴかぴか(新しい)

…と言われております犬

午前10時から
ご本宮での八少女舞の後
「開運ぜんざい」や
DSC02156.jpg

「開運長寿もち」
DSC02194.jpg

「開運甘酒」のお接待も登場します。


ぴかぴか(新しい)願いがあるなら1月10日exclamation

こんぴらさんへっ


詳しくは金刀比羅宮HPをチェックしてね♪


posted by こんぴら観光案内所 at 17:23| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●教えて!こんぴらさん(金刀比羅宮あれこれ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

金刀比羅宮の初日の出スポットは…785段目!【緑黛殿(りょくたいでん)前の大階段】がベストポジション♪




金刀比羅宮の
晴れ初日の出オススメスポットといえば…

ズバリ【緑黛殿(りょくたいでん)】前の
大階段。

ぴかぴか(新しい)晴れていれば
こんな美しい日の出が見られますぴかぴか(新しい)
003_MG_5526初日の出.jpg
※金刀比羅宮HPより


緑黛殿の場所は…
785段目ご本宮を社務所方向へ進んだ、絵馬殿の奥。
111227_03.jpg

その前の階段がこちらです目
111227_04.jpg


気になる2015年1月1日 琴平町の日の出時刻は…
午前7時9分頃晴れ

琴平町のお天気は…曇りっぽいのですが…

ぴかぴか(新しい)お山から新年が迎えられる清々しさは
 なんとも言えない心地良さがあります。

今年の元旦、
こんぴらさんで爽やかな朝を体感してみてはいかがでしょうぴかぴか(新しい)


ひらめきそうそう、防寒グッズもお忘れなく

金刀比羅宮 12月31日から1月11日までのお正月の祭事は
こちら手(パー)金刀比羅宮のHPをご覧下さい。




オマケ
どれじゃ〜ブログの
オススメのこんぴら初日の出スケジュールは…犬

その1
宿泊客&ご近所さん向け 


大晦日夜から石段を登り初詣。
DSCF5076.jpg

お守りやお札などを授与頂き。。
IMG_0001.JPG

途中神馬のいる広場に設置される【あずき粥】のお接待で温まってから…一度山を降り仮眠!?
日の出前に再度登る!
DSCF5081.jpg


その2
車の方などは…


最初の参拝客の波が落ち着く午前5時頃からゆっくり初詣。
DSCF5099.jpg

奥社までお参りして…降りてきた頃がそろそろ日の出時刻となるので、
緑黛殿前でスタンバイぴかぴか(新しい)
IMG_0001.JPG


…などがあります。参考まで犬



ちなみに、去年は曇りでこんな感じでした。
DSC02047.jpg

そして眼鏡

お正月に滑りこみセーフ
お宿の直前空き情報は【琴平町観光協会ブログ】でチェック!




posted by こんぴら観光案内所 at 21:14| 香川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ●教えて!こんぴらさん(金刀比羅宮あれこれ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

新年の準備も大詰め♪午前0時 金刀比羅宮のお餅つき「竈神祭(かまどさい)」が斎行されました。


12月28日 午前0時 
金刀比羅宮ご本宮の境内はとっても静かです満月
DSC05010.jpg

と、境内の奥から
「パキッパキッ」ともの音が…目
DSC05012.jpg

音の先は、こちら手(パー)
三穂津姫社のお向い
灯りが漏れている建物からでした
DSC05016.jpg

この建物は、「御炊舎(みかしきしゃ)」
金刀比羅宮の神事に用いる
お米やもち米を炊く舎なのですぴかぴか(新しい)

 
…しかし真っ暗目
 
DSC05018.jpg
※明るい時間の御炊舎は【ご本宮参拝ガイド】
下にスクロールしてご覧下さいね。

ここで、年末神事のひとつ
「竈神祭」と金刀比羅宮の餅つき
が行われます。

毎年12月28日に斎行される神事は
新年の迎える為の
位置情報「餅つき」のお祭り「竈神祭(かまどさい)」

位置情報「井戸」のお祭り「井神祭(いじんさい)」
 ※毎日お供えしている井戸水へのお礼祭。

位置情報「門」のお祭り「門神祭(もんじんさい)」
 ※外からの厄災を1年防いでくれたお礼祭の
 三つの祭。

どれも、参拝の人々の目に触れる事の少ない
 満月深夜の祭儀です。




御炊舎の中には「竈神祭」の祭壇。

DSC05021.jpg

神事の後、
昔ながらの方法で「餅つき」が始まります。


中央に臼と杵。
奥には竈(かまど)がありました。目

DSC05020.jpg

ぴかぴか(新しい)薪の燃える良い香りと
  もち米の蒸される美味しい香り
  御炊舎の中は
  心が穏やかになるような温かさですぴかぴか(新しい)

竈(かまど)の中、ゆらめく炎〜
DSC05053-thumbnail2001.jpg

ふむふむサーチ(調べる)、ここの薪が燃える音が
外に聞こえていたんですね目
DSC05023.jpg

神事に使うもち米はなんと6斗exclamation(約110リットル)。
 

釜で蒸された
アッツアツのもち米が臼へぴかぴか(新しい)
DSC05037.jpg

ぴかぴか(新しい)もうもうと立ち上がる湯気の中
 始まりますっぴかぴか(新しい)
DSC05041.jpg

臼を囲んでリズミカルに周り、
餅をついていく神職の皆さん。
DSC05067-thumbnail2.jpg

声をかけ合いながら餅つきは進みます。
DSC05026-thumbnail201.jpg

ぴかぴか(新しい)第1段階・形を整えたお餅は、ツヤッツヤぴかぴか(新しい)

DSC05030.jpg

お餅は大鏡餅をはじめ、
元日午前0時から始まる歳旦祭から11日まで
お正月の神事に使われます。

13日「すす払い」から28日「竈神祭」迄が一連の年末神事。

ぴかぴか(新しい)キンッと冷えた静寂の境内。。 
明け方近くまで 新年を迎えるお餅つきは続くのですぴかぴか(新しい)




posted by こんぴら観光案内所 at 13:46| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ●教えて!こんぴらさん(金刀比羅宮あれこれ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする