2012年03月04日

琴平町榎井出身のカッコイイ女性!
村山リウ(前編)



どうもモコです手(パー)

灯りをつけましょ ぼんぼりに〜るんるん
お花をあげましょ 桃の花〜るんるん
五人囃子の笛太鼓〜るんるん
今日はたのしいひなまつり〜〜るんるん


昨日は「ひなまつり」exclamation×2
女子のみなさん、お祝いしましたか?
私はそれなりに年をとっていますが
相変わらず母親と一緒に
あられなんか食べながら祝いましたよわーい(嬉しい顔)

さてさて、
明治36年3月3日の
女の子の節句に
琴平町の榎井で生まれた
素晴らしい女性がいるんですかわいい

それは
村山リウさんですひらめき
みなさん、ご存知ですか?

120304_01.jpg

彼女は紫式部が書いた
平安時代のベストセラー「源氏物語」
現代語訳本を書いた
第一人者なんですよパンチ

「源氏物語」といえば
瀬戸内寂聴さんや田辺聖子さんなど
著名な作家の皆さんの本も有名ですが
それより前に書いた本は
多くの人に親しまれましたexclamation×2

彼女は源氏物語を
現代の女性の生き方と照らし合わせた
新しい解釈で
戦後、女性たちから大きな支持をうけて
「村山源氏」というジャンルを築いたんだって手(パー)

村山源氏とは
女の人が広い視野をもちながら
家庭を大切に守って
その上、存分に自立するという
そんな生き方をするための
理想的な男性との結びつき方を
社会風刺も交えながら
解いたものなんです
ひらめき

人生を前向きに歩いている女性の
バイブルとなったんでしょうねわーい(嬉しい顔)

そんなリウさんは
琴平町で6歳まで過ごしたそうexclamation
お父さんが善通寺の師団の馬の獣医で
異動したことをきっかけに
その後は岡山県で生活したそうexclamation
日本女子大学を出た後
新聞などで人生相談をするなど
女流評論家として活躍していたんだってかわいい

女性の地位向上などに対して
とっても貢献した人なんだよexclamation×2
とってもカッコイイよねぇ〜〜ぴかぴか(新しい)

リウさんのお母さんが
「お前は女の子の幸せを願う
 ひなまつりの日に生まれてるんだよ。
 その子が不幸せになるはずが
 ないじゃないかexclamation×2

っていつも言ってたんだってキスマーク
その言葉が自信となって
そのままリウさんの人生観に
なっていったそうexclamation×2
平成6年に91歳で亡くなるまで
常に楽観主義で
周りを明るく照らしていたリウさんかわいい

バンザイ手(パー)
だねわーい(嬉しい顔)


posted by こんぴら観光案内所 at 23:50| Comment(0) | → 琴平町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

琴平が誇る伝統工芸、桐箱!〜『道久桐箱店』【桐箱編】☆彡〜


あったかくなってきましたね〜晴れ
こんぴらさんの参道も、
上着を持って歩くお客さん
目立ってきましたわーい(嬉しい顔)

そしてワタシは
そろそろ花粉症に怯え出しました(笑)、
ちびりんです手(チョキ)

あーーーーーー、
今日という日くらいは
もっと可愛らしい書き出しだったら・・・ふらふら
でも春といったら
イチバンに花粉症なんだもん
ー(長音記号1)がく〜(落胆した顔)



しかしながらラジオでは
甲ちゃんが3月3日にピッタリなモノ
紹介してくれましたモータースポーツ

IMG_7587.JPG

金刀比羅宮も御用達
『道久桐箱店』さんですかわいい


桐箱と言えば、
高級品もしくはお宝ぴかぴか(新しい)

なんでもコチラ道久さんは、
金刀比羅宮から注文を受けて、
神具を収納する箱を作ることもあるそうexclamation×2


そ、そのようなモノって
おた、お高いんでしょう?あせあせ(飛び散る汗)

「いやいや、
 中に入れるものが高いだけで、
 箱自体はそんなにせんのでわーい(嬉しい顔)


と言って見せてくれたのが、
甲ちゃんが紹介していた
この桐箱プレゼント

IMG_7579.JPG

オーダーがあれば、
小さいモノから大きなモノまで
どんなモノを入れる箱でも作れるんだとか目どんっ(衝撃)
す、スゴイexclamation×2

しかも手のひらサイズの箱だったら
600円くらいからできるそうexclamation×2
手作りなのに
なんてお求めやすい有料どんっ(衝撃)

ちなみに↑このフタ部分、
本当に驚くほどピッッッッタシexclamation×2
この造りの極意はまた後ほどー(長音記号2)



ところで、
『桐といえばタンス』
というイメージもありますが、
そこに3月3日にふさわしいエピソード揺れるハート


桐タンスというのは
そもそも花嫁道具のひとつ・・・
なんとexclamation
女の子が生まれると庭に桐を植えるのが
昔の習わしだったんだとかexclamation×2


成木になるまで15年前後と言われている桐・・・

IMG_7578.JPG

乾かしたり、
タンスに仕立てる準備をしていると、
娘がちょうど良い年頃になるという
算用だったそうぴかぴか(新しい)


自分と同い年の桐
作られたタンス
を持って嫁に行くとは・・・・exclamation×2
なんと風流exclamationexclamationexclamation
ニッポン万歳exclamation×2

誰かexclamation×2
ワタシの桐、知りませんかーーーーーーーーーーーexclamation&questionexclamation&question





し、しまったスッカリ桐のトリコに・・・(笑)
さてさて、
そろそろ桐箱の極意をお伝えせねばパンチ


コレですexclamation
ジャーーーーンexclamation×2

IMG_7580.JPG

・・・なんだと思いますexclamation&question



実はコレ
桐でできた釘パンチ

IMG_7582.JPG

『木釘を使う』
コレが桐箱最大の特徴なんだそうひらめき


つまり、
あの精巧な仕上げは
こんな風に釘を打ってから

IMG_7583.JPG

何度も何度も
かんなをかけて
仕上げるんだそうexclamation×2


そしてこの木釘
また丁寧に作られてるリボン

IMG_7581.JPG

こんな風にスライスしたもの
細く切って釘のカタチにしたら、
フライパンで炒って水分を飛ばして
固くするんだそう晴れ

すべて同じ材料で作られていることも、
桐タンスは100年もつと言われている
理由のひとつパンチ

本体部分と同じように釘部分も、
空気や湿気を感じているから
ピタッと合わさってもちが良いんだそうぴかぴか(新しい)



オーダーがあれば、
どんなモノにも応えたい
という道久さんわーい(嬉しい顔)

アナタも大切な何か
桐箱に納めてみたくありませんかexclamation&questionプレゼントぴかぴか(新しい)







【道久桐箱店】

住所:香川県仲多度郡琴平町 榎井西中676
電話:0877‐75‐3767


posted by こんぴら観光案内所 at 13:00| Comment(0) | → 琴平町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

お話と音楽で楽しいひとときを!
第14回文化のひととき



どうも、モコです手(パー)

はや、2月も終わりですあせあせ(飛び散る汗)
明日からは3月・・・かわいい
本当にあっという間ですよねあせあせ(飛び散る汗)
春はもうそこまで来てますよ〜〜わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

そんな琴平町で
とっても心が温まりそうな
イベントが開催されるんだってぴかぴか(新しい)

それが
「第14回文化のひととき」

120229_01.jpg

「こんぴらさんの今昔」と題して
三水会事務局長の橘正範さんが
こんぴらさんのお話をしてくれるんだってexclamation×2

こんぴらさんって有名だから
だいたいのことは知ってるよ手(パー)
っていう人もいるかもしれないけど
結構知らないことが多いんだよねパンチ
私たちも
「ことひら どれじゃー ハンティング」で
いろんなことを教えてもらって
初めて知ることもいっぱいだったもんなぁわーい(嬉しい顔)
琴平町のいろんなことを教えてくれた
名ガイドの橘さんが
意外と知らないこんぴらさんのお話を
面白おかしく紹介してくれますよキスマークるんるん

そしてそして・・・
声楽家の小路祥子さんとデュオコスモスによる
「オカリナと歌おう」

心に優しく響いてくるオカリナの
不思議な音色にあわせて
一緒にみんなで歌いましょうるんるんるんるん

実は、声楽家の小路祥子さんは
私の高校の時の音楽の先生で
とっても優しい声で歌ってくれる人なんですよるんるん
好きだったなぁ・・・わーい(嬉しい顔)
オカリナの音色にピッタリの歌声もお楽しみにexclamation×2

イベントに参加して
琴平町のことを学びながら
ちょっと春を感じてくださいねかわいいぴかぴか(新しい)




〔第14回 文化のひととき〕
3月2日(金)
13:30開演(13:00開場)
場所/琴平町文化会館
料金/無料(要整理券)
整理券配布場所/
国際ホテル八千代・服部呉服店・
ヒカル写真館/四条公民館

posted by こんぴら観光案内所 at 22:00| Comment(0) | → 琴平町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする