2017年03月14日

ちょっと拝見♪新観光列車試験運行レポ♪@「四国まんなか千年ものがたり」


こんぴーです♪

4月から、土讃線(香川・多度津ー徳島・大歩危)間で運行が始まる新観光列車「四国まんなか千年ものがたり」♪

3月現在、運行スタートにむけてアテンダントさん、運転手さんなどが訓練運行を行ってます。
その様子をちょぴっと見学してきました♪
DSC_0338.jpg

👀この日は、お客さん(沿線の皆さん)が入っての運行。

まずは列車について

外装イメージは「日本のたたずまい」。
3両編成で四季の移ろいを色で表現しています。

1号車 春の若葉のような爽やかさ
緑の車体「春萌(はるあかり)の章」

20170306_113857.jpg


2号車 夏の吉野川と冬の雪を表現した
「夏清(なつすがし)の章」と
「冬清(ふゆすがし)の章」


こちら側は、「夏清の章」青の車体です。
20170306_113809.jpg


3号車:秋の紅葉をイメージした
「秋彩(あきみのり)の章」

20170306_120756.jpg



車内は、全57席。徳島県産の杉を使い、落着いた日本家屋を表現していて、
各車内というか、お部屋ごとに気分も変わります。

1号車は、柔らかな新緑色の緑の椅子。
DSC_0334.jpg


2号車は、片面開放の長さ7mのロングソファー♪
DSC_0335.jpg

ゆったりの11席。
DSC_0432.jpg

クッションの弾力も心地よい♪
DSC_0433.jpg

そしてっ3号車は、
豊かな収穫の秋を思わせる紅葉色の椅子。
DSC_0337.jpg

2号車の片面ロングソファーはもちろん
1号車も3号車も交互に座席を置いているので、
景色がとっても見やすいです


👀ふと上を見上げると・・

広がりのある鏡面天井
20170306_102739.jpg
重厚で美しい♪

ナナメになった窓際・・
DSC_0387.jpg
これはですね、
窓を軒下に見立てているそうで、
民家の屋根を表現しているんですって!
細やかな演出が素敵です♪


さらにっ
大人な雰囲気を作っているのが
「あかり」です♪

👀ランプ・ロウソク、囲炉裏など、かつての日本家屋のあかりは下から照らされていました。
DSC_0366.jpg

車内では、
そんなやさしい下からの光源が手元を照らし
優しいゆらぎが 郷愁を誘います


続いては、
旅の大きな楽しみ「お食事」について

下り便(多度津―大歩危)は、金刀比羅宮境内にあるカフェ&レストラン神椿から!香川の食材をふんだんにつかった洋風料理が登場。

アテンダントさんが丁寧にサーブ♪ワクワク👀
DSC_0345.jpg


この日の冷製メニューは
「讃岐三畜と地元野菜の洋風料理:春」
DSC_0351.jpg
オリーブ牛のロースとビーフ、オリーブ車海老、金時人参のグラッセetc・・。

ホットーミールは
讃岐牛とオリーブ豚のデミグラスソース煮込みハンバーグ&パプリカのピラフ♪
DSC_0376.jpg


列車の中で食べると旅情感が加わり
美味しさも倍増するのですDSC_0378.jpg


👀ちなみに上り便(大歩危ー多度津)のお食事は、
徳島県三好市東三好町の「味匠藤本」による徳島の食材をふんだんに使った和食弁当です。
徳島で使われている「遊山箱(ゆさんばこ)」で登場だとか♪


こちらは畳表のメニュー表。こだわりですね。
DSC_0339.jpg



食事を召し上がりながら列車に揺られ、景色を楽しむ。。

観光列車のスピードは、時速60キロ。
ビューポイントでは15キロまで速度を落とし、
ゆっくりと四国の渓谷美を鑑賞できます。


続いては
こんなんや♪
DSC_0405.jpg

こななとこも♪
DSC_0363.jpg

列車の外の景色をお届けしますね!

つづく・・・。


posted by ことひらどれじゃー at 16:18| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆四国こんぴら歌舞伎大芝居☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

頑張れ天風!3月12日(日)から大相撲3月場所始まります♬


こんにちは♬こんぴーです👀

皆さまっ、3月12日(日)から
大相撲3月場所が始まります!

もちろん、郷土の星【天風関】も出場

1月場所は、9勝6敗と勝ち越しで終えた天風は
番付けも、西十両九枚目から西十両7枚目へ

大阪の3月場所も
その勢いに乗ってズンズンと
進んでほしいです

ということで、
先場所を終えた後の天風に会いに行き
意気込みを伺いましたっ

DSC_0101.JPG

👀🎤 :まずは、勝ち越した先場所を振り返っての感想を聞かせてください。

天風:1月場所は十両優勝してから幕内に上がっての2場所に比べると、自分の相撲が取れたかと思います。

🎤 :13日目、宇良との取組が話題になっていましたが、自身ではどうでした?
   
*天風が得意の左にさして入ったところ、宇良が天風の脇の下をくぐった。宇良が決めた技「たすき反り」は、幕内で昭和27年以来、十両では初めての幻の技だったことでニュースになっちゃったのだ。

天風:くらっちゃっいました。相手を讃えるべきですね。

DSC_0102.jpg


🎤 :今後小柄な力士との取り組みの対策は?
天風:基本変わらないけど、突っ込みすぎないことですね。どっしり構えて、下から入らせない。
 

🎤 :先場所で横綱となった稀勢の里関の綱を作る「綱打ち」のお手伝いをされたそうですね。詳しく聞かせてください。

DSC_0111.JPG

天風:稀勢の里関と同じ二所ノ関一門(にしょのせきいちもん)の関取衆ら約30人が「ひい、ふの、み」と声を合わせてぎゅっぎゅっと、綱をねじっていくんです。尾車部屋も同門なので参加できたんですが滅多にできない経験でした。綱を作って思ったのは「横綱は一人の力じゃなれないし、みんなの横綱なんだ」ということでした。僕らが作った綱で土俵入りしてくれると思うととても有難く、誇りに思います。

*稀勢の里の「綱打ち」の様子(共同通信社のウェブニュースにて)


DSC_0113.JPG


🎤 :今後の課題は?
天風:下半身強化ですね。1月場所前も今まで以上に下半身取り組みをしてきたので、これを継続して集中して取り組みたいです。

🎤 :そのためにどんな強化練習をしているんですか?
天風:それは教えられませんよ。ヒ・ミ・ツ💓


🎤 :これからの抱負を聞かせてください。
天風:親方から「勝負の年だ。この1年でお前の人生変わってくるんじゃないか」と言われています。大事な年なので、親方の言葉に応えられるよう頑張ります。


🎤 :おしまいに琴平の皆さんにメッセージをお願いします。
天風:再び幕内に上がって、稀勢の里関と闘えるような位置に登り詰めたいと思っています。相撲を見ていただけるのが僕の幸せです。頑張っていきます



天風関、ありがとうございました!

DSC_0150.JPG
大相撲3月場所の詳しくはコチラ⬇︎
日本相撲協会のHPをご覧ください♬


さあ、3月場所が始まります!
頑張れ天風!!


posted by ことひらどれじゃー at 07:00| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●スタッフ日記アーカイブ(2011) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

2月19日(日)午前10時!こんぴら歌舞伎大芝居!一般チケット受付開始でござりまする〜♪


ドキドキドキドキ🎵

2月19日(日)10:00〜
今年の『四国こんぴら歌舞伎大芝居』の
一般チケットの☎&web受付
始まりますよ〜


handbill02jpg.jpg

わーい!

人間国宝の片岡仁左衛門さんの『身替座禅』♪
中村芝雀改め雀右衛門さんのキツネ『葛の葉』などなど♪

午前も午後も、雅で艶やかな歌舞伎が楽しめる予感大!!



『第33回四国こんぴら歌舞伎大芝居』
平成29年4月8日(土)初日
〜23(日)千穐楽
第1部 午前11時開演
第2部 午後3時開演


チケット受付は…
チケットホン松竹
ナビダイヤル
☎0570−000−489


ネット受付は…
チケットweb松竹←で『検索』


チケット料金は…
S席1万6千円
(1階東出席・1階西出孫席・2階前舟。73席)
A席1万4千円
(1階2階:東桟敷、1階2階:西桟敷、1階:平場、2階:中舟、青田組。570席)
B席1万円(2階:後舟。52席)(税込)です!


演目は…

第1部(午前の部)
一,平賀源内が福内鬼外の名前で書いた
『神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)』

二, 雀右衛門の演目に相応しい舞踊劇
『忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)将門』

三, 江戸の大祭を題材にした粋であか抜けていて華やかな舞踊『お祭り』

第2部(午後の部)
一,親子の情愛あふれる義太夫狂言。狐の葛の葉が筆を口に咥えて曲書きをするのも見どころです。
『芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)葛の葉』

二,裃姿の俳優陣が舞台に並ぶ様は、華やかで圧巻です。
五代目中村雀右衛門丈襲名披露『口上』

三,浮気な恐妻家の夫と、ヤキモチ妬きの奥さんの話。愛人に会おうとやっさもっさする旦那の魂胆は。。もちろんバレます。
『新古演劇十種の内身替座禅(みがわりざぜん)』

女形の名跡、
雀右衛門さんの世界
襲名披露に相応しい華やかな演目の数々を
春のこんぴらでお楽しみください!

詳しいお問い合わせは
こんぴら歌舞伎事務局
(0877ー75ー6714)

または
『こんぴら歌舞伎オフィシャルサイト』をご覧下さい。
お楽しみに〜!

posted by ことひらどれじゃー at 22:01| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆四国こんぴら歌舞伎大芝居☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする